•  

技術の研究開発

        当社は新製品の研究開発能力及び品質管理能力が極めて強くて、新製品の研究開発センター及び理化性能測定センターが揃えていて、武漢科技大学・河南科技大学と提携する「耐火材料に関する生産・学習・研究の基地」並びに「学生実習と訓練の基地」である。科学研究に従事する従業員は22人、その中海外から雇われた専門家は6人いる。研究開発用設備は40セット以上があり、総価値は約200万元に近く、中間試験用設備は50台を超え、価値は480万元に達している。研究開発用設備は、曲げ強さ試験機、耐圧強度試験機、磨鉱試作機、セメント膠砂移動度測定器、回転式粘度計、1100℃及び1600℃条件下高温試験電気炉などがある。測定用設備は、多元素迅速測定器、炎光光度計、レーザー粒度測定器、粒子画像解析装置などがある。これらの施設を利用して新製品の研究開発に用いられ、ここ数年来、毎年に新製品を生産開始し、多種の新しい技術や生産方法を生産過程に運用される。